ひとつだけのわたしスタイル | 首都圏(東京、埼玉、群馬)の自然派デザイン建築・リノベーション | エコハウス【Ecohouse】

エコハウス fabebookページ
お問合せ電話番号0120-432-520お問合せ
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-
HOME >二世帯リフォーム
  • 二世帯リフォーム成功事例
  • 女性プランナーとつくる二世帯リノベーション
  • お問合せ

二世帯同居のおすすめポイント

親子で快適に安全・安心して長く暮らす為に、そんなニーズから二世帯住宅は増えています。
二世帯住宅は、家事や育児、経済的なメリットなど両世帯に様々なメリットがあります。
二世帯同居3つのメリット (経済的なメリット)住宅取得の経費削減でゆとりある生活に 水回りを共有して光熱費削減に(育児・家事でのメリット)共働きの場合、両親に子どもを見てもらえる 困った時にお互いに助け合える(安心感)家族に万一、何かがあった時に安心できる 誰かが在宅しているので、防犯面でも心強い

二世帯リフォームお悩み解決

二世帯住宅には、メリットなどいい点がいろいろあります。
しかし、事前に計画をたてておかないと、「こうすればよかった…」 と後悔することも。
理想の生活を手にするために、計画前にチェックしておくポイントを
「間取り」「プライバシー」「ライフス タイル」の3つの視点でまとめました。
お悩み(1)家族が多いと、荷物がたくさん…片付かない
お悩み(1)
住まいの悩みで多いのが「収納スペース」。 二世帯分のものとなると量もスペースも大変!同居を機に整理するのも必要ですが、スペースの有効利用で機能的に収納しましょう。 二世帯分の収納を確保するには、空間をいかに利用するかがポイント。 階段下や屋根裏、床下などデッドスペースを利用した大型収納の設けることで、使いやすく大容量の収納スペースを実現できます。
お悩み(2)入浴中、洗面所の気配が気になってしまいます…
お悩み(2)
「誰かがお風呂を使っている時、洗面室が使えない」「朝の洗面や洗濯のタイミングが重なってしまう」これらは二世帯住宅でよく聞かれる悩みです。水まわりすべてを分離するのが難しい場合は、脱衣所を洗面室を独立させ、家族が誰でも気兼ねなく使える間取りを考えましょう。
お悩み(3)リビングを共有しているので、気軽に友人が呼べません…
お悩み(3)
多くの生活空間を共有するタイプの二世帯住宅では、各世帯のプライベートスペースが寝室のみになってしまい「友人が呼びにくい」などの声を聞きます。メインのリビングのほかに、サブ的に使えるセカンドリビングがあれば、世帯それぞれがゆっくり過ごしたり、お友達を招いたりできます。
生活時間が違うので、お互いの生活音が気になります…
お悩み(4)
世代が違えば、生活時間が異なるのはよくあること。お互いに気を使いあうのは大切なことですが、それがストレスになるほどでは問題です。 生活音が発生しやすい水まわりエリアは位置を統一させましょう。防音・遮音建材を上手に取り入れることで、お互いに気を張ることのない静かで安らげる環境を作ることができます。
  • 二世帯リフォーム成功事例
  • 女性プランナーとつくる二世帯リノベーション
  • お問合せ

二世帯住宅3つの基本間取りプラン

二世帯住宅は大きく3つのタイプに分けられます。
それぞれのタイプの基本的な間取りプランと、そのメリット特徴をまとめました。
ご自身のライフスタイルに合わせて、ぴったりのタイプを選びましょう。
  • Type1 完全分離
  • Type2 一部共有
  • Type3 完全共有

Type1 完全分離

~全ての生活空間を分け、各世帯が独立して暮らすタイプ~
  • (おすすめ家族タイプ)・生活時間が大きく違う・価値観やライフスタイルが違う・プライバシーを尊重したい・敷地に余裕がある
・ご主人の親世帯と同居
  • (ポイント)・どちらかの世帯に家族の集まる空間を設ける・世帯交流が生まれる動線の工夫をする
  • 1F親世帯エリア(1)将来に備え廊下は車いすが通れる幅に設計しました。(2)寝室から水まわりへの動線に配慮。利便性はもちろんヒートショックから身体を守ります。
(3)雨の日でも子世帯と行き来できるように廊下に室内扉を設置しました。(4) 両世帯が集えるようにLDKは広めに設計。孫が遊べる畳みスペースも付けました。
  • 2F子世帯エリア(5)静待つ時間の差に配慮し親世帯の寝室の真上にリビングが来ない間取りに。テレビの音や洗い物などの生活音を気にせずに暮らせます。(6)水まわりを1F,2Fで同じ位置に。帰りが遅くなった日でも就寝中の親世帯を起こす心配を減らせます。
完全分離タイプにお住まいのご家族の声
孫の成長がいつでも見られて毎日が楽しいですね!(親世帯:父)
畳み敷きの孫コーナーは成長に合わせていろんな使い方ができて便利です。(親世帯:母)
仕事で遅くなった日も洗濯機が使えて助かっています。(子世帯:妻)
深夜でも入浴できるようになりました。(子世帯:夫)
いつでもおじいちゃんたちに会いに行けて嬉しいです。(子世帯:娘)

Type2 一部共有

生活空間の一部(キッチン、バスなど)を共有して暮らすタイプ
  • (おすすめ家族タイプ)・光熱費を抑えたい・敷地を有効に使いたい・適度に顔を合わせたい・水廻りは各世帯別にしたい
・生活時間にずれがある
  • (ポイント)・世代間のプライバシーを守り、効率よくスペースを使える・各世帯の専有部分と共有部分の分け方が重要となる
  • 1F親世帯&共有エリア(1)二世帯が同時に使っても手狭にならず、料理をしながら会話がはずみます。(2)玄関周りの動線をスムーズにすることで、朝のストレスを軽減します。(3)食材はもちろん、普段はあまり使わない調理器具を収納すれば、キッチンまわりがすっきりします。
(4)食事を終えた親世帯のくつろぎの時間を邪魔することなく、キッチンを使うことができます。
  • 2F子世帯エリア(5)プライバシーの気になる水まわりは二世帯で分離しました。(6)子世帯の荷物は二階の収納にしまうことで、玄関をすっきりさせます。
一部共有タイプにお住まいのご家族の声
リビングが別なのでゆっくりテレビが見られます。(親世帯:父)
週末にみんなで食事をするのが楽しみです。(親世帯:母)
世帯専用洗濯機があるといつでも洗濯できて助かります。(子世帯:妻)
遅い時間でもDVD鑑賞ができるのがいいですね。(子世帯:夫)
廊下の大型収納は野球道具が全部入ります!(子世帯:息子)

Type3 完全共有

生活空間の全てを共有し、二世帯が一つ屋根の下で暮らすタイプ
  • (おすすめ家族タイプ)・光熱費を抑えたい・敷地にゆとりがない・子育てを支援したい・賑やかな生活を送りたい・奥様の親世帯と同居
  • (ポイント)・家事や育児の協力がしやすく、生活費を抑えられる・共有部分が多いので個人のプライベートスペースの確保が大切になる
  • 1F親世帯&共有エリア(1)大きなダイニングテーブルは調理の作業台として、お子様の宿題の場、としても活用できます。
(2)家族が入浴中でも気兼ねなく洗面室を使うことができます。(3)家族の靴、ベビーカー、ゴルフバッグなど大きな荷物もすっ
きり収まります。(4)水まわりと接する寝室の壁には防音シートを施工しました。
  • 2F子世帯エリア(5)将来に備えてゆとりある作りに。ウォークインクローゼットは家族が増えた時は、子供部屋にリフォームできます。(6)子世帯だけでのんびりと過ごしたり、子供の誕生会など、さまざまな用途に使えます。
完全共有タイプにお住まいのご家族の声
洗面室を独立させたので、いつでも使えてとても助かります。(親世帯:父)
散らかりがちな玄関が大型収納のおかげですっきりしました。(親世帯:母)
いつでも洗面室が使えるのでとても助かります。(子世帯:妻)
仕事で遅くなった日も気兼ねなくシャワーを使えます。(子世帯:夫)

◆おすすめ二世帯施工事例

  • 事例1
  • 事例2
  • 事例3
  • 事例4
  • 事例5