住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)制度 | 首都圏(東京、埼玉、群馬)の自然派デザイン建築・リノベーション | エコハウス【Ecohouse】

エコハウス fabebookページ
お問合せ電話番号0120-432-520お問合せ
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-
HOME >住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)制度
住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)制度
  • 二世帯リノベのポイント
  • 住宅ストック循環支援制度
  • プランを依頼する
  • 資料請求する

住宅ローン減税の対象要件

住宅ローン減税制度は新築だけでなく、一定の条件を満たした持ち家をリノベーションしたり、中古を買ってリノベーションした場合も控除の対象となります。

合計所得額が3000万円以下

合計所得額が3000万円以下

所得金額が3000万円以下であることが要件となります。所得金額が3000万円を超えた年は控除を受けられませんが、3000万円以下になった年は控除を受けることができます。

自ら居住すること

自ら居住すること

「居住の用に供した場合」とされていますので、中古住宅を購入しリフォームした場合は、住宅の引渡し又は工事の完了から6ヶ月以内に居住する必要があります。

床面積が50㎡以上

床面積が50㎡以上

不動産登記上の床面積が50㎡以上である必要があります。中古住宅の購入を検討していて、希望の物件が該当するかわからない場合は、不動産コンサルタントまでお気軽にご相談ください。

築25年以内のマンション

築25年以内のマンション

中古マンション(耐火建築物)の場合、築25年以内である必要があります。土地の目利き、相場観、取引条件の精査など、経験豊富な不動産コンサルタントがベストな物件探しをお手伝いします。

耐震基準を満たした戸建住宅

耐震基準を満たした戸建住宅

中古戸建住宅の場合、耐震性能を有していることを別途確認する必要があります。エコハウスでは耐震補強工事を行った後、申請に必要な耐震基準適合証明書を発行しています。

リノベーション費用とローン期間

リノベーション費用とローン期間

リノベーションの場合、工事費が100万円以上であること。また借入金の返済期間が10年以上であり、親戚などからの個人的な借入金ではない必要があります。

 

補助金の対象となる工事

STEP1 プランの申込み

プランの申込み

電話、インターネットからプランの申込みをします。折り返し電話、メールにて打ち合わせ日程を調整させていただきます。打ち合わせはご来店いただきますか、現地にてご相談になります。

STEP2 助成金コンサルティング

助成金コンサルティング

建築士、デザイナーがご要望をじっくりと聞かせていただきます。プランやデザイン、費用等とともに住宅ローンについても相談させていただきます。お客さまの条件にあったベストな助成金をご提案します。

STEP3 手続きサポート

手続きサポート

お客さまには難しく煩雑な助成金手続きをサポートさせていただきます。ファイナンシャルプランナーも在席しておりその他助成金申請もお手伝い可能です。スムーズかつ確実に助成金が受けられます。

 
  • 二世帯リノベのポイント
  • 住宅ストック循環支援制度
  • プランを依頼する
  • 資料請求する