エコハウスでリフォームされたお客様の喜びの声を紹介します。

エコハウス fabebookページ
お問合せ電話番号0120-432-520お問合せ
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-
お問合せ
資料請求
リフォームのエコハウス >お客さまインタビュー>東京都北区 -中古住宅リノベーション -

「築古の趣を活かしつつ、自分たちのライフスタイルに合った家ができました」オーナーレポート 東京都北区 中古住宅リノベーション

真壁構造や、襖・障子などを使った和のしつらえが気に入って、築56年の中古物件をご購入。
築古だからこそ味わえる趣を活かしながら、ライフスタイルに合う和製モダニズムの空間ができました。

施工事例はこちら→

凛とした空気が漂う、真壁の家

--エコハウスに問い合わせをしたきっかけは何ですか?

フェイスブックで知りました。「季節を感じる和の家」のように、懐かしさを感じられる家にしたいと思っていたので、問い合わせました。

--数あるリフォーム会社の中でエコハウスに決めた理由はなんですか?

耐震強度が心配だったことに加え、元の建物の良さを残したいと希望していました。この家を購入する決め手となった書院などを壊さず耐震補強計画を組んでいただけたことが大きかったです。また、インテリアの面でも、趣を残す方向性を理解していただけたことが決め手となりました。

--リフォームをされたきっかけは何ですか?またどのように不満点を解消しましたか?好きな所をより良くしたのですか?

家賃を払い続けるより、財産として残したいという思いで家を購入したことがきっかけです。
購入時には和室の畳がフローリングに貼り替えられていましたので、元に戻したりと、この家がもつ味わいの良さを引き立てる方向性で内装を替えていきました。真壁の空間がとても気に入りましたので、エアコンは目につきづらいように隠蔽し、空間がより良く見えるようにもしました。

--リフォームで一番のこだわりポイントは何ですか?

元の良さを壊さないことにこだわりました。下足入れや玄関框、障子などを残してもらいました。玄関ホールの垂れ壁も気に入っていましたので、土間の天井には照明器具を設けず、垂れ壁が引きたつようにしました。

--お気に入りの場所はどこですか?

居間と広縁です。石を埋め込んだ玄関土間もお気に入りの場所です。広縁は、日本人が考えたとっても贅沢な空間だと思います。通路でもあるけれど、日向ぼっこをしたりスイカを食べたり、お月見をしたり、季節を楽しめる空間ですよね。この家に広縁があって良かったなと思っています。

--今住んでみてどんな感じですか?

遊びに来た友人が「毎日旅館に泊ってるみたいでいいね。」と言ってくれました。家に帰ってくると畳の香りがして、とても落ち着きます。チークの無垢フローリングも畳も足ざわりが良いので、我が家は素足生活で、お客様用のスリッパも用意していません。床でごろんとしたり、のんびり生活しています。快適なので、休日でも家にいる時間が多くなりました。

--そんな気分で住んでいくとどんな風になっていきそうですか?

家での生活を充実させていきたいので、映画鑑賞や読書などの時間をとっていけたらいいなと思っています。趣味が発展しそうですね。忘れがちな季節の行事もしっかりやっていけそうです。あとは猫を飼っていて、今のところ障子は無事なのですが、いずれ引っかかれて自分たちで障子紙を張り替えたりだとか、そういうスキルも身についていきそうですね。

--10年後、20年後の夢は何ですか?

この家に長生きしてもらいたいです。のんびり穏やかに、家も家族も健康というのが理想です。

書院

Kさまが残したかった空間のひとつである書院。

広縁

広縁では季節を楽しむ予定。

 
ヴィンテージチーク

東側にある3畳の床はヴィンテージチークを斜め貼り。

キッチン

キッチンは、居間とはうって変って、青色を使用。市松模様の床がモダンなテイストに。

玄関

既存のモルタル仕上げの上に、那智黒という石を埋めこんだ玄関。

 
お客さま

リフォームデータ

  • 工期:2ヶ月
  • 施工店舗:エコハウス板橋店
リビング
 

お問い合わせはこちらから

お問合せ

おすすめ施工事例

マンションリフォーム
フレンチベトナムの家
マンションリフォーム
最上級に包まれたホテルライクな家
戸建リフォーム
開放感たっぷりのラフな家
戸建てリフォーム
家族とともに歩む家
  • search_icon
  • 中古リノベのしくみ
  • 中古リノベの費用
  • 中古リノベ成功事例