耐震リフォームの推奨商品を紹介。適正価格でエコとデザインリフォームを提供します。

エコハウス fabebookページ
お問合せ電話番号0120-432-520お問合せ
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-
お問合せ
資料請求
リフォームのエコハウス > 耐震リフォームの必要性

耐震リフォームの必要性

助成金・減税メリット徹底サポート耐震リフォームの必要性耐震リフォームの事例耐震リフォームの流れエコハウスの耐震技術エコハウスの耐震リフォーム

耐震リフォームの必要性 倒壊メカニズムによる地震に弱い家とは

建築基準法の変遷と木造住宅の倒壊メカニズム

昭和中期の建物

昭和中期の建物
    壁が弱かった
  • 壁の量や壁の耐震性が不十分だった
  • 時代的に瓦の家が多かった

昭和56年建築基準法改正(新耐震基準)

昭和56年以降の建物
    壁が強くなった
  • 筋かいのほかに構造用合板が耐震性のある壁として追加された
  • 耐震壁量が多くなった

阪神大震災での家屋の倒壊状況

阪神大震災では全半壊家屋46万戸。部分破壊26万戸。 新耐震基準以前の家が多く倒壊したが、新耐震基準を満たした家も少なからず倒壊した。

(1)新耐震基準以前の家

→壁耐力が弱いので揺れの強さに壁が耐えきれず、全体的に崩れてしまった。

簡易耐震診断

(2)新耐震基準以降の家も…

→壁耐力が強いと引抜力が発生し、土台から柱が抜け出す「ホゾ抜け」現象が起きた。

写真資料

阪神大震災で二階部分を残して倒壊した家。

建築基準法の改正(2000年)

阪神大震災で多くの木造住宅が倒壊し、それによる圧死者が死者の大多数を占めた衝撃により、多くの専門家が実地検証し、地震による木造建築の倒壊メカニズムの研究がすすめられた。その結果、必要な耐震補強法が確立し、それを反映して建築基準法が改正された。

壁のバランス計算(偏心率)

建物の重心と剛心(強さの中心)が離れていると揺れが増幅します。バランスの良い配置が必要になります。

耐力壁の柱頭・柱脚金物

柱と梁の接合部分の金物。 柱と梁や土台の接合部分を強力に繋ぎます。

ホールダウン金物

ホゾ抜けしないよう、基礎と柱をがっちり繋ぎます。

地盤にあった基礎を特定

地盤や建物に対して脆弱な基礎は適正な強度に補強します。

 

地震に弱い建物とは

瓦屋根

瓦屋根はコロニアルの約3倍の重量があり、一軒で3トン以上の重さになります。屋根が重いほど横揺れが増幅され、大きくなります。

ピロティ

1Fに駐車場があるなど、ピロティ構造の家はバランスが悪く不安定で倒壊しやすくなります。
 

建物の形

正方形、長方形などシンプルな形の家は地震に強いですが、でこぼこの多い家は入隅にエネルギーが集中し、建物にねじれの力が働きます。

2Fの壁の下に1Fの壁がない

2Fの壁の真下に1Fの壁があると、地震に強い構造ですが、2Fの壁の下に1Fの壁がないと、構造が弱くなります。

広い開口部がある

全面、もしくはひろい開口部がある家は壁の耐力が働かないため、とても倒壊しやすい構造といえます。
 

老朽化・傷み

建物が老朽化したり、シロアリの被害にあったりすると、柱や土台、梁などの構造体が本来の機能を果たすことができず倒壊の一因となります。

 
耐震診断申し込みはこちらから 資料請求はこちらから

お問い合わせはこちらから

お問合せ

おすすめ施工事例

マンションリフォーム
お絵描きできるいえ
戸建てリフォーム
ドイツ雑貨のあるいえ
マンションリフォーム
演奏できるいえ
戸建てリフォーム
ラフスタイルのいえ
  • search_icon
  • 中古リノベのしくみ
  • 中古リノベの費用
  • 中古リノベ成功事例