Happyをデザインする家づくり 第一回間取りのツボ | 首都圏(東京、埼玉、群馬)の自然派デザイン建築・リノベーション | エコハウス【Ecohouse】

エコハウス fabebookページ
お問合せ電話番号0120-432-520お問合せ
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-
お問合せ
資料請求
リフォームのエコハウス >家族がますます家族になる間取りのツボ
お客さまの声

家族がますます家族になる間取りのツボ

家事がラクにできて片付きやすい家にしたい。子どもたちの成長を育むOPENな心地のよい空間が欲しい。ひとつひとつの想いをカタチにしたら、家族がますます家族になった。
光と風がキラキラ輝く、心地よいくつろぎの空間。家族の新しいストーリーを、この家からはじめよう。

 

ぐるぐる回れる間取りは家事も子育てもラクラク

キッチンの奥がパントリーと洗面室、廊下になっている、回遊動線の間取りです。
パントリーにはキッチン家電やストック品がたっぷり収納できます。
お子さまが眠ったあと、子ども部屋の奥のご夫婦の寝室に行くときは、パントリーから洗面室を抜けて寝室まで行くことができ、とても便利。

事例:家族時間を楽しむ自然素材に囲まれる温かい家

 

アールの壁で陽射しと開放感を贅沢に

マンションなど一方の方向にしか窓がなかったり、奥のお部屋まで光が届かないという悩み・・・よくあると思います。
そんなときに有効なのが、壁をアール形状にすること。
光の流れをやわらかく大きく広げることができ、お部屋の開放感にもつながります。

事例:しろいナチュラルカントリーな家

 

大きなバルコニーを囲んだ開放感いっぱいの回遊動線の家

趣味のアウトドアがバルコニーでも楽しめるよう、バルコニーを中心に収納部屋と大型LDKを配置した間取り。
ご家族の気配がいつも感じられるカウンターキッチンとダイニング、リビングは開放感いっぱい。
こちらも回遊動線の間取りなので、家族の動線がぶつからずに便利です。

事例:カラーを楽しむナチュラルポップな家

 

陽射しがあたたかい畳の小上がりはゆったりくつろげるベストポジション

1階の壁を取り払い、耐震上必要な部分は筋交いにし、気配と風を感じられるひとつの大きな空間にリノベーション。
それによって端と端にいても家族の気配を感じられるように。 家族がリビングの好きな場所で違うことをしていても、一緒にいると感じられる…そんなステキな空間になりました。陽射しがたっぷりと降り注ぐ小上がりの畳は、ベンチ代わりに腰掛けても◎。
ダイニングテーブルと目線が合う高さなので家族の一体感が生まれます。 畳下は収納になっているので、リビングの収納力も抜群です。

事例:家族の呼吸を感じる家

 

勉強が楽しくなるリビングにあるみんなの机

勉強はみんなでしたい」そんな思いから生まれたオリジナルの壁面収納。可動できる棚は4列あり、ご主人さまと3人のお子さまそれぞれが使える棚になっています。また、棚の下部には机を造作。
家族みんなが並んで勉強できるスペースに。
照明もユニバーサルのダウンライトなので、お好きな方向を照らすことができて使い勝手もバッチリです。

事例:家族時間を楽しむ自然素材に囲まれる温かい家

ラクラク間取りのツボ

以前は仕切られた部屋が多く、風とおしも日当たりも悪かったお家。リノベーション後は、扉1枚を開けるとワンフロアーになるオープンな空間へ。エントランスから子ども部屋、リビング、キッチン、パントリー、洗面室と、ぐるぐる回れる間取りになりました。どこにいても家族の気配が感じ取られる、家事も育児もラクラクなお家に大変身!

事例:家族時間を楽しむ自然素材に囲まれる温かい家

お問い合わせはこちらから